他店対抗見積もり
お問い合わせ 無料配送キット

「大阪の買取壱番本舗ではご自宅に眠ったままになっている古道具・古美術品・絵画・掛け軸・武具・刀剣・彫刻品・西洋アンティーク・古玩具・象牙・楽器など多種多様の品々をお買取致しております。珍しいもの、ガラクタのような物でも捨てずに是非ご相談ください。」

ご遺品などや昔集めていて今はもう集めないので処分したいという方がございましたら大阪の買取壱番本舗へ是非お持ち下さい。丁寧に査定させて頂き高価にてお買取させて頂きます。

  • 値段は、まずほとんどの場合、誰かが制作したかによって決まっていきます。 作家がわかっている場合は@作者A種類B図柄Cサイズなどを教えてください。 現在の市場価格などから概算の査定額をお出しします。 作家がわからないが署名や落款桐箱が有り、題名や銘があれば高値が付く可能性がございます。 @作品A箱書きB落款の写真をメールで送り下されば概算の査定額をお出しします。 また、大阪の(買取壱番本舗)店頭にお持ち頂けましたら親切丁寧に査定させていただきます。

▼骨董品の買取(大阪)に関する基礎知識

値段なんてあってないような物と思われがちな骨董品の世界ですが、 高価な物ではしっかりと相場というものが存在しております。 人気作家や人気ジャンルの作品などは骨董商の間で自然と相場が生まれ、 そのブレは意外と狭い物です。良く「評価額」と言う言葉がTV番組などで出てきますが、 それは実際の取引価格とは異なります。評価額はどのように定まった物かは不明瞭ですが、 有名だけど人気のない作家の作品になると実際の取引価格は評価額の十分の一という事も 珍しくありません。評価額がそのまま取引価格になることは滅多にありません。 この二つの価格のギャップに納得がいかないと感じる人は多いようです。 買い取る骨董商からすると「買い取った品がきちんとすぐに売れるかどうか」も重要です。 売れ残り、在庫リスクなどによって買取価格は思いもかけないほど低くなってしまう ような事もある様です。大阪では買取壱番本舗をはじめとして、骨董品の買取を している古物商が多く存在しています。骨董品を買い取ってもらう場合には、 数店舗での買取査定を依頼することをオススメいたします。

海外では古銭・切手・金銀貨や日本語の骨董品に当たるアンティークの買取は頻繁に行われています。 日本で骨董品買取と言いますと、どうしても何かしらの理由でお金が必要となり家にある骨董品を売却することでお金を工面するイメージが強いかもしれません。 しかし、ヨーロッパでは株などの金融商品を売買するように、骨董品も頻繁に売買されています。 そして、骨董品価格が株価同様に景気動向を反映することから、好況時には骨董品は比較的高値で買取され、その反対に不況時には比較的安値で買取されています。 ですので、こうした傾向を知っているヨーロッパの富裕層は不況時に安い値段で骨董品を買い集めます。 そして、景気が回復し良くなるまで家に飾り楽しみます。 そして、好況時にそれら骨董品の値段を確認し、ある程の利益出ていれば買取業者やオークションハウスを通して売却しています。 これを繰り返すことで、骨董品を楽しみながらお金を稼いでいます。 日本では、まだこうした行為は稀かも知れません。しかし、日本の骨董品の人気は世界で高いため安定した需要があります。 ですので、ヨーロッパで行われているような別の骨董品の楽しみ方も、今後日本でも普及していくことは十分期待できるのではないでしょうか。

  • ブランドの買取は大阪